組合 その力を地域社会の資源へ|住沢博紀|イマジン出版|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

組合 その力を地域社会の資源へ 

立ち読みする
立ち読みする

組合 その力を地域社会の資源へ 

生活公共の視点から
労働組合・共済・労金・生協はなにができるか

住沢博紀

出版社:
イマジン出版
判型:
A5判
ページ数:
248ページ
発行日:
2013/04/20 
発売日:
2013/04/20 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥2,100 税込)

還元マイル:210マイル

印刷した本を購入希望の方はこちら!





国・自治体の借金が100兆円を超え、厳しい財政運営がはじまりました。
人の命と生活の守り手としての労働組合は今、何を目指すのか。少子高齢化や増税などの負担増で崩れていく地域社会を立て直し、支えるのは誰なのか。
著者が提唱する「生活公共」をキーワードに連合主要5労組(情報労連・NTT労組・JP労組・電機連合・自治労)の現場からの報告と、労金・労福協、生協の連携を当事者たちが執筆。これから先の「組合」の地域社会での存在意義を考え、新たな労働組合の可能性をまとめた類書のない一冊です。

組合 その力を地域社会の資源へ|住沢博紀|イマジン出版
共済|生協|労働組合


はじめに ―生活公共の創出と労働組合のイノベーション―
第1部
1.社会のエンパワーメントと生活公共
住沢博紀 日本女子大学教授
2.生活公共と地域福祉
藪長 千乃 東京大学教授
3.社会的孤立への取り組みから、地域政策公共を考える
鈴木 奈穂美 専修大学准教授
第2部
4.「情報労連 21世紀デザイン」と「新たな行動」
才木 誠吾 情報労連政策局長
余田 彰 NTT労働組合中央本部交渉政策部長
5.地域社会の安心・安全のよりどころとしての郵便局とJP労組の地域貢献活動の取り組み
桐谷 光男 JP総合研究所所長
6.電機連合の事例紹介-電機産業職業アカデミーと障がい福祉委員会の施設運営
住川 健 電機連合産業政策部長
7.教育研究活動と社会的対話
山本 和代 日教組中央執行員、教育改革部長
8.自治労の自治研活動がめざしてきたもの
南部 美智代 自治労総合政治政策局長
第3部
9.21世紀の労働者自主福祉事業と地域生活公共
高橋 均 中央労福協前事務局長
10.協同組合の連携の可能性:労金と労災・生協
山口 茂記 中央労働金庫副理事長
11.ソーシャル・ガバナンスと日本のサードセクターの課題
栗本 昭 公益財団法人 生協総合研究所理事
著者紹介



ページ先頭へ