XcodeによるObjective-C入門 |マイナビ|大津真|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

XcodeによるObjective-C入門

立ち読みする
立ち読みする

XcodeによるObjective-C入門

大津真

出版社:
マイナビ
判型:
B5変型判
ページ数:
304ページ
発行日:
2010/01/23 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥2,571 税込)

還元マイル:257マイル

印刷した本を購入希望の方はこちら!





Mac OS X対応アプリケーションは勿論、iPhoneアプリもMacのプログラミング知識なしでは 作ることができません。
本書は、プログラミング経験の浅い人を対象に、Mac OS XやiPhoneのアプリケーション開発で使われるメインの言語Objective-CとMac OS X Snow Leopardの統合開発環境Xcode3.2.xを使い、プログラミングの基本とObjective-Cの基礎知識を身につけるための独習書です。

XcodeによるObjective-C入門 |大津真|マイナビ


XcodeによるObjective-C入門


Chapter 1 Objective-CとXcodeの概要を知る
1-1■Objective-Cってどんな言語
1-1-1 プログラミング言語の基礎知識
1-1-2 フレームワークについて
1-1-3 Objective-Cはオブジェクト指向言語
1-1-4 Objective-CはC言語ベース
1-2■Xcodeの概要とインストール
1-2-1 統合開発環境Xcode
1-2-2 開発環境のインストール
1-2-3 開発環境に含まれるツール群
1-3■Xcodeによるプロジェクトの作成
1-3-1 Xcodeを起動する
1-3-2 新規プロジェクトの作成
1-3-3 プロジェクトをビルドして実行する
1-3-4 ガベージコレクションについて
1-4■ターミナルでの実行とコンパイル方法
1-4-1 ターミナルでのオブジェクトの実行
1-4-2 ターミナルでのコンパイル
1-4-3 使用しているフレームワークやライブラリを表示する

Chapter 2 Objective-Cによるプログラミングの基礎
2-1■サンプルコードを解析しよう
2-1-1 ソースファイルの構造
2-1-2 ヘッダファイルのインポート
2-1-3 最初に呼び出されるmain関数
2-1-4 main関数の中身を解析する
2-1-5 ヘッダファイルの保存場所
2-2■サンプルコードで遊ぶ
2-2-1 NSLog関数について
2-2-2 NSLog関数とフォーマット指定
2-2-3 簡単な計算をしてみよう
2-3■変数を使う
2-3-1 変数とは
2-3-2 変数を使用した単純な計算
2-3-3 身長から標準体重を求めるプログラム
2-3-4 マクロの利用
2-3-5 基本的なデータ型とリテラルについて
2-3-6 型の変換を行うキャスト
2-4■関数と変数のスコープ
2-4-1 関数の呼び出し方
2-4-2 関数の定義の書式
2-4-3 変数のスコープについて
2-4-4 デバッガの基本的な使い方

Chapter 3 オブジェクトの基本操作
3-1■オブジェクトとクラスの基礎知識
クラスとインスタンス
メソッドの呼び出し方についての予備知識
インスタンスメソッドとクラスメソッド
3-2■オブジェクトを使ってみよう
インスタンスの生成までの流れ
クラスに用意されているメソッドを調べるには
メソッドを使ってみよう
基本データ型の変数とオブジェクト型の変数の相違
3-3■オブジェクト生成のバリエーション
いろいろなイニシャライザ
ファクトリメソッドによるインスタンスの生成
3-4■オリジナルのクラスの作成
クラスの基本構造について
クラスを作成してみよう

Chapter 4 制御構造と基本的なデータ構造
4-1■if文による条件判断
4-1-1 関係演算子について
4-1-2 if文の使い方
4-1-3 if~else文の利用
4-1-4 複数のif?else文を組み合わる
4-1-5 条件を否定したり、組み合わせたり
4-1-6 switch文
4-2■繰り返しの制御構造
4-2-1 指定した回数繰り返すforループ
4-2-2 条件が成り立っている間繰り返すwhileループ
4-2-3 do?whileループ
4-2-4 break文によるループの中断
4-2-5 continue文よるループの継続
4-3■配列とポインタ
4-3-1 配列とは
4-3-2 配列を使用したプログラム例
4-3-3 ポインタとは
4-3-4 C言語の文字列について
4-4■構造体と列挙型
4-4-1 構造体の基本
4-4-2 構造体をデータ型のように扱う
4-4-3 構造体とポインタ
4-4-4 Cocoa環境の構造体について
4-4-5 列挙型

Chapter 5 Foundationフレームワークの基本クラス
5-1■文字列クラス
5-1-1 NSStringクラスとNSMutableStringクラス
5-1-2 NSStringクラスのメソッドを使ってみよう
5-1-3 C言語の文字列とObjective-Cの文字列の相互変換
5-1-4 テキストファイルの読み込み
5-2■コレクション・クラス
5-2-1 配列を扱うNSArrayクラス
5-2-2 文字列を配列に変換する
5-2-3 要素の変更が可能なNSMutableArray
5-2-4 辞書を管理するNSDictionaryクラス
5-3■日付時刻を操作するクラス
5-3-1 日付時刻のデータをまとめて管理するNSDateComponents
5-3-2 暦を設定するNSCalendarクラス
5-3-3 NSDateオブジェクトからNSDateComponentsオブジェクトを取得する
5-3-4 日付の計算例

Chapter 6 クラスを活用する
6-1■クラスを使いやすくする
6-1-1 アクセッサメソッドとプロパティ
6-1-2 ドット演算子の利用
6-1-3 イニシャライザを定義する
6-2■カレンダーを表示するクラスの作成
6-2-1 クラスを別ファイルにするには
6-2-2 MyCalクラスのひな形を作成する
6-2-3 MyCalクラスを記述する
6-2-4 MyCalクラスをテストする
6-3■オリジナルクラスの継承
6-3-1 UsefulCalクラスの概要
6-3-2 UsefulCalクラスの作成
6-3-3 UsefulCalクラスをテストする
6-4■カテゴリを使ったメソッドの追加
6-4-1 カテゴリの概要
6-4-2 MyCalクラスをカテゴリで拡張する

Chapter 7 GUIプログラムの作成
7-1■初めてのGUIアプリケーション
7-1-1 Cocoaアプリケーションのひな形を作成する
7-1-2 コントローラ・クラスを追加する
7-1-3 ユーザインターフェースの作成
7-1-4 アウトレットとアクションの接続
7-1-5 デリゲート
7-2■カレンダーをGUI化する
7-2-1 GUI版カレンダーの概要
7-2-2 コントローラ・クラスを記述する
7-2-3 GUIをデザインする



ページ先頭へ