看護経済学入門|金井Pak雅子 |ライフサポート社|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

説き語り看護経済学入門

立ち読みする
立ち読みする

説き語り
看護経済学入門

エンパワーメントモデルへの招待

金井Pak雅子

出版社:
ライフサポート社
判型:
A5判
ページ数:
272ページ
発行日:
2018/08/20 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥2,400 税込)

還元マイル:240マイル





日本で最初の看護経済学に関する本!

 看護経済学とは、看護サービスにおける“希少価値”の効率・公平な分配を探究することにより、看護の価値を創造する学問のことです。ここで言う“希少価値”とは、ヒト(人材)・モノ(物財)・カネ(資金)・情報(事情・報知)・ナレッジ(知識・知恵)のことです。
 本書は、これらのことを、理論篇と実践篇にわけて解説します。比較的新しい学問分野である看護経済学の究極の目的は、看護の原点である人々の生活を機軸とし、個人およびその家族、そして集団の健康増進、健康回復、そして安らかな終焉を迎えることができるよう限られた資源(希少価値)の有効活用を探究していくことにあります。
 その醍醐味を本書を通じて学ぶことができます。

看護経済学入門|金井Pak雅子 |ライフサポート社


第1部 理論篇
第1章 看護師の需給はどのように推計されるのか?
第2章 看護エンパワーメントモデルが変える臨床現場
第3章 看護師長のリーダーシップ行動

第2部 実践篇
第1章 Q&A 看護の“価値”と“財”について
第2章 Q&A エンパワーメントの実際



ページ先頭へ