ONBEAT Vol.10|音美衣社|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

ONBEAT Vol.10

立ち読みする
立ち読みする

ONBEAT Vol.10

ONBEAT編集委員会

出版社:
音美衣杜
判型:
A4変判
ページ数:
192ページ
発行日:
2019/03/20 
発売日:
2019/03/20 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥2,160 税込)

還元マイル:216マイル

印刷した本を購入希望の方はこちら!





美術を中心に、ファッション、音楽、建築など日本の芸術文化をボーダーレスにアートと捉え、和英併記で世界に発信するバイリンガル美術書籍ONBEAT。今号ではマンガを大特集します。2019年5月から大英博物館で開催される漫画展「The Citi exhibition Manga」展。日本国外で開催されるものとしては過去最大級となる本展の魅力を同展のキュレーターを務めるニコル・ルマニエール氏による漫画論とともに紹介します。また、マンガにちなんで、生誕90周年を迎えた手塚治虫にまつわる対談を掲載。 さらに、新たな連載企画として「アートの支援者たち」がスタート。第一回目となる今号では、日本人アーティストのNYでの活動を支援し、日本文化にも造詣の深いスティーブン・グローバスへのインタビューを掲載しています。今回3回目となる連載「日本の祭り」では富山県の越中八尾 おわら風の盆を紹介。そのほか、橘 天敬、絹谷幸二、濱野年宏、葛飾北斎、アートフェア東京2019など、時代もジャンルも越えた多彩な企画で構成しております。

ONBEAT magazine is a bilingual art magazine which introduces Japanese art and culture. Vol.10 highlights manga: It introduces article by Nicole Rousmaniere, the curator the Citi exhibition Manga (23 May–26 August 2019) of the British Museum and also has a special one-on-one talk article about Osamu Tezuka, god of manga. A new series “Art Patronage Today" has started: It features Stephen Globus, NY venture culturelist and provocateur who has been supporting Japanese artists in NY. Toyama's famous festival Owara Kaze-no-Bon is featured in “Japan Festival" series. Enjoy its magical feeling! ONBEAT runs articles of various Japanese artists from ukiyo-e to modern art. Vol.10 features Tenkei Tachibana, Koji Kinutani, Toshihiro Hamano and Katsushika Hokusai.

ONBEAT Vol.10|音美衣杜


橘 天敬 Tenkei TACHIBANA
The Citi exhibition Manga マンガ The Citi exhibition Manga
船越英一郎×三浦利雄 Eiichiro FUNAKOSHI×Toshio MIURA
絹谷幸二 Koji KINUTANI
濱野年宏 Toshihiro HAMANO
葛飾北斎 Hokusai KATSUSHIKA
來住尚彦×大西 洋 Naohiko KISHI×Hisroshi ONISHI
ヤマモ味噌醬油醸造元 髙茂合名会社 YAMAMO
Art Patronage Today スティーブン・グローバス Stephen GLOBUS
ARTIST FILE
連載 日本の祭り 越中八尾 おわら風の盆 JAPANESE FESTIVAL Etchu Owara
Kaze-no-Bon

ONBEAT Vol.09
ONBEAT Vol.08
ONBEAT Vol.07
ONBEAT Vol.06
ONBEAT Vol.05
ONBEAT Vol.04
ONBEAT Vol.03
ONBEAT Vol.02
ONBEAT Vol.01



ページ先頭へ