21世紀を生き抜く「考える力」|大前研一|ビジネス・ブレークスルー|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

21世紀を生き抜く「考える力」

立ち読みする
立ち読みする

21世紀を生き抜く「考える力」

~リカレント教育・STEAM・国際バカロレア~
大前研一通信 特別保存版 Part.13

大前研一

出版社:
ビジネス・ブレークスルー
判型:
四六判
ページ数:
200ページ
発行日:
2020/03/18 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥1,100 税込)

還元マイル:110マイル





 東京オリンピックが開催される2020年から25年先の2045年には、人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点のシンギュラリティが起きると予測される中、21世紀を生き抜くための子供達に「考える力」を身に付けるための教育をしてこなかった日本の教育制度に警鐘を鳴らす大前研一は、日本の最大の問題点は、質・量を含めた人の問題であり、世界に比べて圧倒的に学び直す社会人が少なく、親や教師も含めた社会人の学び直し(リカレント教育)が必要だと喝破 します。 

 本書の前半では、日本の教育システムの問題点の指摘から、教育改革のあるべき姿や、子供たちの将来に影響を持つ親や教師も含めた学び直し(リカレント教育)に関する提言に加え、答えのない時代の個人や企業にとっての"見えないものを見る力“である「構想力」や今後の「稼ぐ力」のスキルに言及したメッセージの他、論文『雇用の未来』で「10年後には今ある職種の約半分がなくなる」と予言し、世界中から注目されたオックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授との対談記事など、「考える力」の重要性に訴求したメッセージをご紹介します。 

 中盤では、21世紀を生き抜くための「考える力」を身に付けるための、子供達への学びのパラダイムシフトの教育事例や、Science(科学)、chnology(技術)、Engineering(ものづくり)、Art(芸術)、Mathematics(数学)などの5つの領域を重視するSTEAM教育、起業家養成、オンラインのプログラミング講座、ビジネス英語の即戦力トレーニングコースなどもご紹介します。

 後半には、世界各国でプログラムが導入され、国内でもその導入を政府が推進する「国際バカロレア(IB)教育」関連のシンポジウムで話された一条校(学校教育法第一条に定められた学校)における、IB教育の貴重な導入事例紹介の講演録や体験談など、現場の教員の方々のインタビューも含めた様々なメッセージをご紹介しており、ビジネスパーソンのみならず、次代を担うであろう子どもたちの学びはどうあるべきかを示唆します。  

21世紀を生き抜く「考える力」|大前研一|ビジネス・ブレークスルー


第1章:21世紀を生き抜く学びの必要性
第2章:21世紀を生き抜く学び(リカレント、 STEAM)
第3章:21世紀を生き抜く国際バカロレア(IB)教育の 拡がり



ページ先頭へ