ロシアの躁と鬱|中尾ちゑこ|成文社|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

ロシアの躁と鬱

立ち読みする
立ち読みする

ロシアの躁と鬱

ビジネス体験から覗いたロシア

中尾ちゑこ

出版社:
成文社
判型:
四六判
ページ数:
200ページ
発行日:
2018/05/15 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥1,400 税込)

還元マイル:140マイル





ソ連崩壊後に「気まぐれな好奇心」からモスクワのビジネススクールで短期講師に就任。それ以来、ロシアに特化したビジネスを展開する著者の目に映ったロシア、ロシア人、彼らとのビジネスを赤裸々に描く。48歳でロシアビジネスに踏み込んでいった女性の型破りの記録。

ロシアの躁と鬱|中尾ちゑこ|成文社


プロローグ──一九九三年十二月三十一日──

第一章

 資本主義の実験場へ
 一九九四年夏──モスクワ
 大学は迷路
 学生時代
 知らない街へ
 お湯が出ない
 銀の森のヌーディストたち
 サービスって、ブランドって、コミュニケーションって何
 入社四か月で倒産
 再就職、転職、失業、独立へ
 ターニングポイント
 ミドルの宴
 ダスビダーニヤ(さようなら)モスクワ

第二章

 先行投資
 交渉成立
 アートフラワー販売スタート
 創造性とオリジナリティ
 賃貸アパート事情──何処に泊まる
 事実は小説よりも
 ホテルの地下防空壕
 事務所を借りる
 おかかえ運転手
 ロシア式誕生パーティ
 三人のジーマ
 謝らない文化
 台本なしの本番
 クリシャ(屋根)について
 曇り日の影

第三章

 日系企業のコンビニ
 七回転び、七回起き上がる
 わたしたちは気持ちで動く
 ロシア人はビジネスに不向き
 マッチングビジネスのミスマッチング
 身内の絆
 親切とお節介は紙一重
 ロシア人を雇用する
 ロシア人的嗜好
 撤退した日本のカフェ
 悩ましき滞在証明書
 宇宙を描くアーティスト
 大衆消費社会へ──ホップ、ステップ、ジャンプ
 日本人のなかのロシア
 わたしのロシア
 出会いから生まれたライフワーク

エピローグ──みんなドストエフスキー──

「和製アレクシェーヴィチ」の誕生に期待する(寄稿=長縄光男)



ページ先頭へ