ロシア・インテリゲンツィヤの運命|松原広志|成文社|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

ロシア・インテリゲンツィヤの運命

立ち読みする
立ち読みする

ロシア・インテリゲンツィヤの運命

イヴァーノフ=ラズームニクと20世紀前半ロシア

松原広志

出版社:
成文社
判型:
A5判
ページ数:
308ページ
発行日:
2019/04/25 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥3,500 税込)

還元マイル:350マイル





自由と人格の尊厳を求めて文筆活動に携わり、帝政ロシアからスターリンの監獄まで経験、その後ナチス・ドイツの収容所を経て、戦火のヨーロッパ各地の亡命ロシア人と文通したイヴァーノフ=ラズームニク。ロシア・インテリゲンツィヤの伝統を受けつぎ、文学の言葉で社会主義、宗教、人格、倫理、戦争などの問題を論じ、ゴーリキー、ブルガーコフ、ベルジャーエフ、プレハーノフたちと交わした論争と流浪の生涯を浮き彫りにする。

ロシア・インテリゲンツィヤの運命|松原広志|成文社


まえがき──「名誉回復」と新たな関心

第I章 フランクとの論争──インテリゲンツィヤとメシチャンストヴォ

第II章 ゴーリキーとの文通──対立と友好の軌跡
 1.はじめに
 2.雑誌『遺訓』をめぐって[第一~六信]
 3.ドストエフスキー『悪霊』上演をめぐって[第七~九信]
 4.その他の手紙[第一〇~一六信]
 5.流刑者と作家同盟議長

第III章 宗教哲学協会との確執
 1.はじめに
 2.「黒いロシア」
  (1) レーミゾフ『第五の悪』の概略
  (2) プリーシヴィン『ニーコン・スタロコレンヌイ』の概略
  (3) イヴァーノフ=ラズームニクの両作品解釈
 3.モスクワ宗教哲学協会批判──「苔むす湿原」と「現代のスタロコレンヌイ」
  (1)  ブルガーコフ論文の要旨
  (2) イヴァーノフ=ラズームニクのブルガーコフ批判
 4.ペテルブルク宗教哲学協会批判──「南京虫的ガリガリ亡者」
  (1) ペテルブルク宗教哲学協会年次大会をめぐる論争
  (2) 生命なき言葉の氾濫
  (3) 内在主義と超越主義
 5.結びに代えて

第IV章 世界大戦の勃発──反戦と祖国防衛
 1.はじめに
 2.世界大戦勃発とイヴァーノフ=ラズームニク
 3.戦争の「倫理的」合理化──リベラル
  (1) イヴァーノフ=ラズームニクのリベラル批判
  (2) リベラルの主張
   a ストルーヴェ/b イズゴーエフ/c コトリャレフスキー
 4.戦争の「哲学的」合理化──メシア主義的な現代のスラヴ主義者
  (1) イヴァーノフ=ラズームニクのメシア主義者批判
  (2) メシア主義的な現代のスラヴ主義者の主張
   a ブルガーコフ/b ヴャチェスラフ・イヴァーノフ/c エルン/d ベルジャーエフ
 5.戦争の「社会学的」合理化──開戦支持の社会主義者
  (1) イヴァーノフ=ラズームニクの社会主義者批判
  (2) プレハーノフの主張
 6.おわりに

第V章 スキタイ人の流浪
 1.はじめに
 2.占領地住民
 3.「異郷」への旅立ち
 4.監視収容所
  (1) バラックでの日常生活
  (2) 外部への発信1──リトアニアの従兄弟一家
  (3) 外部への発信2──『新しい言葉』紙
 5.亡命作家たちとの交流
  (1) パリ・グループ
   a ニーナ・ベルベーロヴァ/b ボリス・ザイツェフ/c レーミゾフ夫妻
  (2)  プラハ・グループの人々
   a エヴゲーニー・リャーツキー/b アリフレート・ベーム/c ポーストニコフ夫妻
  (3)  その他の人々
   a 掌院イオアーン(シャホフスコーイ)/b ゲオルギー・イヴァーノフ/c フョードル・ステプーン/d アルトゥール・リューテル
 6.最後の日々と遺稿
  (1) 北米への視線
  (2) 遺稿をめぐって

補 論 未刊の弁人論周辺
 1.はじめに
 2.弁人論をめぐる情報
 3.若き日の探求
 4.「生の意味再論」について
 5.ブロークへの手紙

あとがき


索引



ページ先頭へ