真美識の発見 虚実の間へ|井坂健一郎|和器出版|電子書籍|shinanobook.com|シナノ

真美識の発見

立ち読みする
立ち読みする

真美識の発見

虚実の間へ

井坂健一郎

出版社:
和器出版
判型:
B5変判
ページ数:
198ページ
発行日:
2020/07/30 
発売日:
2020/07/31 
対応端末:
PC, iPhone, iPad, Android, Tablet

PC版:ストリーミング対応
iPhone版・iPad版・Android版・Tablet版:ダウンロード5回

購入(¥2,500 税込)

還元マイル:250マイル





国立山梨大学で美術教育の一翼を担う一方、絵画、写真作品、インスタレーション、アートプロジェクトなど幅広い創作活動が「日本で発表されているアート400選」(2018年)に選出されるなど高い評価を受けている美術家・井坂健一郎氏。本書は、「虚実を混在させる彼の世界観は、幼いころから抱き続ける不思議な感覚と日本の現代美術の歩みとが二重写しになっている」(『月刊ギャラリー』3月号「美術の駅」より)と評される氏の作品群の中から、アートプロジェクトの建築を含む代表的な作品と、氏の創作活動を支えてきた美術観に関する論考を収めた初めての著作。
世界の日常を一変化させたコロナ禍に象徴されるように時代の転換期を迎えたいま、30年来、美の本質を問い続けてきた氏が「美意識とは何か?」と自問自答しながら、「新しい美意識の発見が新しい社会の発展を生みだすのではないか」と私たちに問いかける。巻末にコロナ禍後の新しい美術教育についての提言、特別寄稿(七沢賢治氏)を収載。

真美識の発見 虚実の間へ|井坂健一郎|和器出版


特別寄稿 「三人称の美のルネサンス」を迎える時代に
 一般社団法人 白川学館 代表理事 七沢賢治
プロローグ 「美しい」は貴方の内なる声
Part 1 虚実の間へ──美の現れを求めて
works of imagination 1 祝殿
works of imagination 2 ロゴストンセンター
public art ふとまにの里
works of imagination 3 various arts at the exhibition
  ANOTHER FACE ANOTHER WORLD
  カタルシスー浄化
  たまゆら
  暗示
  間ーAwai
  虚実幽顕
  空 Koo
  風がたずねてくる
Part 2 「在る」と「現れる」の間へ
 美意識の普遍と個性をめぐって
  美意識の個性
  自然と美意識
  時代と美意識
  美術の才能とは
  作品のリアリティとは
  美の術と「体験」
  リアルとリアリティ 
  日常にある美の感覚・アートの表現
エピローグ 
「新しい日常」を創造的に生きるために。デジタルネットワークが可能にする、その先の美術教育へ
謝辞  
著者プロフィール  



ページ先頭へ